タロットカードを使って占いを行ったときに思ったことや感じたことを、タロットんもたらす直観の面から書きました。

神秘的でハマる タロットカードの世界
神秘的でハマる タロットカードの世界

タロットの魅力と占いの面白さ

タロットカードといえば誰もが良く知っている占いの一つではないでしょうか。ですが、実際にタロットカードを持っている人やそのカードを使った占い方について具体的に知っている人は少ないように思います。漫画や小説によくタロットの象徴が世界観の設定として使われていることが、知名度と知識のギャップを生んでいるのかもしれませんが、それだけタロットに秘められた寓話が魅力的なので漫画や小説に活用しやすいということかもしれません。運命、世界、星、月、死神、審判、恋人といった寓意絵が描かれた22種類。どれもインスピレーションを刺激してくれる素晴らしい寓意的な象徴です。

私も実際にこれらタロットカードを用いて占いを試してみたことがありますが、タロットを眺めているだけで胸の内からワクワクするような期待やドキドキする不思議な緊張感が湧き上がってきました。占いたい対象についてタロットに示された寓意の象徴が結びつくとき、調子がいい時にはふわっと心の中にインスピレーションが広がってきます。インスピレーションという言葉が大袈裟でしたら、連想や想像力と言い換えてもいいでしょう。占いたい事柄と示されたカードの寓意が結びついて、これから待ち受けることやその時に自分が進むべき道が指し示されたように感じられるときがあります。とはいえそうした連想がうまく働かず、何も浮かんでこない時もあるでしょう。その時はもしも身近にタロットに慣れている方がいらっしゃるようでしたら、その方に占ってもらった方がよろしいかもしれません。
Copyright (C)2018神秘的でハマる タロットカードの世界.All rights reserved.