タロットカードは、いろいろな方法で展開することができます。占いたいことによって、展開法を変えます。

神秘的でハマる タロットカードの世界
神秘的でハマる タロットカードの世界

タロットのいろいろな占い方

タロットで占いをするときは、観たい事柄によって展開法を変えます。たとえば、今日はどんな一日かな?と漠然としたことが知りたいときは、ワンオラクルといって一枚だけ引きます。これは簡単ですし、リーディングもしやすいことから、初心者にお勧めです。毎日続けているうちに、読み方のコツも分かってきますし、「また同じカードが出たけど、前回はどうやって乗り越えたっけ?わたしは同じ悩みに陥っているのかもしれない」などと、内省のきっかけにもなります。神秘的な力が働くというよりは、自分の思考、悩みのクセに気づくための道具でもあると思います。一人だけで悩んでいると、脳は同じ方向にしか考えられません。ギアを切り替えるつもりで一枚引いてみると、がらっと視点が変わったりもします。

また、込み入ったことを観たいときは、わたしはケルト十字法というのをよく使います。これは、現在、過去、未来の展望と同時に、今の問題の障害となること、援助となること、周囲の人たちの状況、自分の深層心理など、多面的に知ることができます。これも、思い込みを正すために有効だと思います。過去に失敗したと自分では思っていたけど、実はそうではないかも?自分の深層心理は、本当にそう考えているのだろうか?など、脳のクセで思い込んでいたような事柄を見直すきっかけになります。他にも、一ヶ月の全体運を知りたいときには、ホロスコープスプレッドといってたくさんのカードを輪に並べて観る方法もあります。

趣味・ホビー・占い・その他のおすすめをご紹介

Copyright (C)2018神秘的でハマる タロットカードの世界.All rights reserved.