タロットカードの占いは、霊感などの非科学的なものではありません。学問としてきちんと理解しておきたいです。

神秘的でハマる タロットカードの世界
神秘的でハマる タロットカードの世界

タロットで占いをするときの心構え

タロットカードを持っている、と人に言ったりすると「霊感があるの?」と言われることがたまにあります。カードや占いは神秘的なもので、得体の知れない力が働いているのだ、と思っている人が、まだたまにいるようなのです。カードは、そのようなうさんくさいものではありません。むしろわたしは、学問であり、科学的だと思っています。歴史や文化を知る上でも、カードの絵というのは役立ちますし、古いカードは、芸術品としてコレクターにも人気です。カードの絵の読み方も、歴史上の言い伝えが込められていたり、聖書になぞらえてあったりと、深く学問を勉強していないとなかなか理解できないことが多いです。これも、カードの楽しみ方の一つだと思います。

また、占術自体は、脳科学や心理学に基づいていると思います。脳は、いったん道筋がついた楽な思考ばかりしようとしますし、心理学的にも人は、「こう考えておけば楽だ」という方向に考えがちなのだそうです。つまり、「どうせわたしはダメだ」とか「環境が悪いからムリだ」など、諦める方向へ行きがちなのです。カードを読むことによって自分の悪い思考のクセに気づき、冷静な視点を取り戻すことができます。「今はうまく行っていないけど、悪いカードは出ていないし、こういう努力をしてみようかな」など、考え方の切り口を変えることで、問題に対して再び違う取り組み方ができます。このようにわたしは、ネガティブになったときは反省し、ポジティブなときは慎重さを取り戻しながらがんばっています。

趣味・ホビー・占い・その他のおすすめをご紹介

Copyright (C)2018神秘的でハマる タロットカードの世界.All rights reserved.